福岡市南区清水雨どい修理

雨どいのトラブルで
お悩みはございませんか?

雨どいは日々太陽光や雨風に晒され劣化が早い箇所です。
また台風や強風、自然災害の影響を受け破損しやすくもあります。

雨どいは目立たない部品ですがご自宅の屋根の大切な役割を担い、特に台風などの自然災害時には最も重要です。
割れたりヒビが入ったり修理を行う必要がある際は、なるべく早く修理することを強くお勧めします。

雨どいは早期修理しないと
被害が拡大してしまいます!

雨水が外壁に当たり壁を伝って下へ流れるため、大切なご自宅の劣化を早めてしまうほか、外壁から雨水が浸水し、自宅内部にカビを発生させるなど不利益ばかりです。
さらに、金具が外れてしまっていると強風や台風の際に雨どいが風で飛ばされたり、運悪く通行人がいると怪我をさせてしまう危険性も十分に考えられます。

このような状態を放置すると大変危険ですので専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

雨どい関する修理内容

  • 経年劣化で傷んだ雨どいの修理
  • 雨どいの勾配を調整し雨水を正常に流す
  • 雨どい支持金具の調査と修理
  • 雨どいの台風や強風や雪の重みでの破損修理
  • 集水器、軒どいや縦どい、雨どいの継ぎ手の破損修理

このような状態を放置すると大変危険ですので
専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

雨どい修理のご依頼・福岡市南区清水

福岡県福岡市南区清水の一軒家の雨樋を修理してほしいと、南区の不動産業を営われているお客様よりご依頼がございました。

詳しく内容をお聞きすると、一軒家の雨どいが破損しているとのことでした。
早めに雨どいの修理をしてほしいと仰っていました。

すぐに南区の現場へお伺いし雨どいの状態を見せて頂きました。

平家でしたので脚立を使い細部まで雨樋をチェックすると、軒樋や縦樋・集水器などに割れやヒビ、継ぎ目のズレなどが見られ築年数も古いので雨どいも古くなっており塩ビが硬化してしまって簡単に割れてしまう様な状態でした。

このような老朽化してしまった雨樋を部分補修しても、またすぐ修理が必要になってしまいますので新しい雨どいに交換することをご提案させて頂きました。

今からは台風が多くなる時期で、強風が吹いたり雨が多く降るので雨どいは万全の状態にすることが必要です。

雨どいの新品交換内容

まずは、古くなった雨どいを全て取り外し、錆びた固定金具も簡単に曲がってしまうほどの状態であったため、それらも取り外しました。

その間にスタッフは、新しい雨どいと固定金具の部品を全て揃え、早速新しい設備の設置作業を開始しました。

新しい固定金具を清潔に取り付け、新しい雨どいを丁寧に設置していきました。

今回は、耐久性の高い金属製の金具を取り付けました。また、一軒家の周りには木々が茂っていたため、雨どいの保護ネットの取り付けも提案し、お客様に承諾いただき設置いたしました。

最後に勾配を端から調整し、水がきちんと流れることを確認して、雨どいの修理・新設工事を完了させました。新しい雨どいに変えることで、家屋が見違えるほど美しくなりました。

古い家の場合、雨どいには注意が必要で、定期的なメンテナンスによって耐久性を向上させることが可能です。

しかし、雨どいを放置してしまうと、思わぬ箇所に二次的な被害が発生することがあり、高額な修理費用がかかる場合があるため、破損したり古くなった雨どいは、修理や交換を行うようにしましょう。

また、定期的な清掃は雨どいの耐久性を高めるためにも重要です。

古い雨どいは早めに修理

古い雨どいの修理が必要な理由や、修理方法、そして修理を依頼する際のポイントについてご紹介します。ぜひ参考にして、一軒家のメンテナンスに役立ててください。

なぜ古い雨どいを修理する必要があるのか?それは、古い雨どいには錆びや劣化が進んでいる場合が多く、雨水の流れを妨げたり、漏水を引き起こすことがあるためです。

また、雨どいが傷んでいると、周囲の壁や屋根にも影響を及ぼし、建物全体の劣化を招く原因となることもあります。そのため、早めの修理が必要です。

修理方法については、まずは古い雨どいを全て取り外し、新しい雨どいと固定金具を取り付ける作業が必要となります。金具は錆びにくく耐久性の高い金属製を選ぶことが望ましいです。

また、周囲の木々からの落葉や枝、鳥の糞などから雨どいを保護するための保護ネットの設置もおすすめです。最後に勾配を調整して、水が正しく流れることを確認し、修理工事は完了となります。

なお、雨どいの修理はDIYでは難しいため、プロに依頼することをおすすめします。プロの業者に依頼すれば、適切な修理方法を提案してくれたり、高品質な部品を用いて修理してくれたりと、安心して任せることができます。また、業者によっては定期的なメンテナンスや清掃も行ってくれるため、一軒家の耐久性を高めることができます。

雨どいの修理や補修はDIYではなかなかできないため、当社のようなプロが在籍する業者に依頼することをお勧めします。当社では、現場にすぐに駆けつけて修理させていただきます。

雨どい修理の詳細はこちら

こんな不具合を見つけたら当社にご相談ください。

雨どいが割れていてそこから雨水が流れ出ている
雨が降った際に雨どいの隙間から水が漏れてしまっている
金具がはずれしまい今にも雨どいが落下しそう

雨どいの修理は実際に調査をし確認しないとわからないですが、部分的な修理で直る場合もあります。
中には全て雨どいを交換したほうが良い場合もあります。
雨どいの金具が劣化していれば、新たに金具をつける場所の見極めも必要です。
雨どいを新しく交換するときは、水が流れるように傾斜をつける必要がありますので雨どいのプロに任せましょう。

雨どい交換工事の流れ

古くなってしまった雨どいの撤去

雨どいの撤去を行います。
壊れてしまった雨どいを外す作業をしますが、雨どいは屋根の端にあり、一軒家のご自宅が2階建ての場合は
足場の設置が必須になります。
破損や変形してしまった雨どいは屋根からの雨水を適切に処理できません。
流れ込んできた雨水を排水できない不具合がある雨どいを撤去していきます。

古い軒どい金具の撤去

今まで使用していた支持金具の撤去と設置作業
雨どいを固定している金具も錆がしてボロボロになり変形してしまいます。
金具の鉄の強度が著しく低下しています。
古く錆びた金具だと雨どいの設置が困難なため、新しい雨どい金具へと交換します。
適切に水が流れるように勾配が必須ですので、正しく金具を設置します。

新しい雨どいの設置

新設する雨どいを金具にしっかりと取り付けます。
雨どいの取り付けが甘いとまたすぐに外れてしまうなど不具合が生じます。
雨どいだけが専門の業者以外に依頼すると、取り付けがきちんとできない業者もいますので
雨どい専門のプロに任せましょう。

雨どい交換工事完了

適切に水が流れるか確認し、問題ががなければ 作業終了となります。
実際に雨どいに水を流しきちんと流れるかをテストします。
きちんと正しい方向に排水することを確認し、雨どい交換が完了です。
場合によってはお客様に排水を確認していただくことも可能です。

雨どい修理安い_雨どい清掃_雨どい調査

雨どい救急隊は年中無休24時間ご相談やお問い合わせを受け付けております。

雨どいのことならぜひ当社へお任せください!

その他、福岡市南区の対応可能地域

福岡市南区(フクオカシミナミク)
  • 井尻イジリ
  • 市崎イチザキ
  • 大池オオイケ
  • 大楠オオグス
  • 大橋オオハシ
  • 大橋団地オオハシダンチ
  • 曰佐オサ
  • 折立町オリタテマチ
  • 柏原カシワラ
  • 警弥郷ケヤゴウ
  • 五十川ゴジッカワ
  • 皿山サラヤマ
  • 塩原シオバル
  • 清水シミズ
  • 大平寺タイヘイジ
  • 多賀タガ
  • 高木タカキ
  • 高宮タカミヤ
  • 玉川町タマガワマチ
  • 筑紫丘チクシガオカ
  • 鶴田ツルタ
  • 寺塚テラヅカ
  • 中尾ナカオ
  • 長丘ナガオカ
  • 長住ナガズミ
  • 那の川ナノカワ
  • 西長住ニシナガズミ
  • 野多目ノタメ
  • 野間ノマ
  • 花畑ハナハタ
  • 桧原ヒバル
  • 平和ヘイワ
  • 的場マトバ
  • 南大橋ミナミオオハシ
  • 三宅ミヤケ
  • 向新町ムカイシンマチ
  • 向野ムカイノ
  • 屋形原ヤカタバル
  • 弥永ヤナガ
  • 弥永団地ヤナガダンチ
  • 柳河内ヤナゴウチ
  • 柳瀬ヤナセ
  • 横手ヨコテ
  • 横手南町ヨコテミナミマチ
  • 老司ロウジ
  • 若久ワカヒサ
  • 若久団地ワカヒサダンチ
  • 和田ワダ

関連記事

  1. 九州北部の梅雨明けの遅れ

  2. 雨樋の歪みに注意!

  3. 雨樋の構造による種類と役割

  4. 雨どい修理_雨どい清掃_雨どい補修

    福岡県福岡市城南区長尾の雨どい修理

  5. 雨どい清掃 福岡県久留米市

  6. 福岡県久留米市合川町の雨どい修理