梅雨時期の庭のトラブル

梅雨の雨で気づく雨樋のトラブル

梅雨の時期になると、連続する雨の日が続き、普段は見過ごされがちな雨樋のトラブルが顕在化します。雨樋が正常に機能しないと、建物に深刻なダメージを与える可能性があるため、この時期には特に注意が必要です。

以下に、梅雨時期に注意すべき雨樋のトラブルについて詳しく説明します。

詰まり

雨樋の詰まりは、梅雨時期に最もよく見られるトラブルの一つです。落ち葉や泥、その他のゴミが雨樋に溜まることで、雨水がスムーズに流れなくなります。この状態が続くと、以下のような問題が発生します。

  • 雨水のオーバーフロー: 詰まった雨樋から雨水が溢れ出し、屋根や外壁に直接流れ落ちることになります。これにより、外壁の塗装が剥がれたり、基礎部分にダメージが生じたりする可能性があります。
  • 屋根の浸水: 雨水が適切に排水されないと、屋根に水が溜まりやすくなり、最終的には室内に浸水するリスクが高まります。これによって、天井や壁にシミができたり、カビが発生することもあります。

オーバーフロー

梅雨の大雨により、雨樋の排水能力を超える量の雨水が流れると、オーバーフローが発生します。オーバーフローは、建物に多大なダメージを与える可能性があります。

  • 基礎部分の劣化: 雨水が地面に直接流れることで、建物の基礎部分が浸水しやすくなります。これにより、基礎のコンクリートが劣化し、建物全体の耐久性が低下します。
  • 外壁の腐食: 雨水が外壁に流れ続けることで、外壁の塗装が剥がれたり、素材自体が腐食するリスクが高まります。特に木造の建物では、木材が腐食することで構造的な問題が発生することがあります。

破損

雨樋が破損する原因には、経年劣化や強風、積雪などが考えられます。梅雨の大雨によっても、雨樋が破損しやすくなります。

  • 金具の緩みや外れ: 雨樋を支える金具が緩んだり外れたりすると、雨樋が正常に機能しなくなります。これにより、雨水が思わぬ場所に流れ込み、建物にダメージを与えることがあります。
  • 雨樋のひび割れや破損: 塩ビ製や金属製の雨樋は、長年の風雨による劣化や物理的な衝撃でひび割れや破損が発生することがあります。破損した雨樋は、雨水の排水能力が低下し、さらに大きなトラブルを引き起こす可能性があります。

早期の対策が重要

梅雨時期に雨樋のトラブルを発見したら、早期の対策が重要です。詰まりや破損を放置すると、建物全体に影響を及ぼし、修理費用も増大することになります。

  • 定期点検と清掃: 定期的に雨樋の点検と清掃を行うことで、詰まりや破損を未然に防ぐことができます。特に梅雨前には、専門業者による点検と清掃を依頼することをおすすめします。
  • 早急な修理: 詰まりや破損が見つかった場合には、早急に修理を行うことが大切です。専門業者に依頼することで、確実な修理が期待できます。

梅雨時期は降水量が多いので雨樋は万全に

梅雨時期は一年の中でも特に降水量が多くなる季節です。この時期には連日の雨により、住宅や建物の雨樋に大きな負担がかかります。雨樋が正常に機能しないと、建物全体に深刻なダメージを与える可能性があるため、事前の点検とメンテナンスが非常に重要です。

以下に、梅雨時期における雨樋の重要性と対策について詳しく説明します。

降水量が多い梅雨時期のリスク

梅雨時期には、連続して大雨が降ることが多く、通常よりもはるかに多い量の雨水が雨樋を通過します。このため、雨樋が詰まったり破損したりすると、次のようなリスクが発生します。

  • 雨水のオーバーフロー: 雨樋が詰まると雨水が溢れ出し、屋根や外壁に直接流れ落ちることになります。これにより、外壁の塗装が剥がれたり、基礎部分に浸水したりするリスクが高まります。
  • 屋根や天井の浸水: 雨樋が正常に機能しないと、雨水が屋根に溜まりやすくなり、最終的には室内に浸水する可能性があります。これにより、天井や壁に水染みができたり、カビが発生することがあります。

雨樋の詰まりと破損の原因

雨樋の詰まりや破損の主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 落ち葉やゴミの蓄積: 雨樋に落ち葉や泥、その他のゴミが溜まることで詰まりが発生します。これにより、雨水が正常に排水されず、オーバーフローが起こります。
  • 経年劣化: 雨樋は長年の使用により、素材が劣化しやすくなります。塩ビ製や金属製の雨樋は、特に風雨による摩耗や腐食が進行しやすいです。
  • 物理的な損傷: 強風や重い雪、動物の侵入などにより、雨樋が物理的に破損することがあります。これにより、雨水の排水能力が低下し、建物にダメージを与える可能性が高まります。

雨樋の点検とメンテナンスの重要性

梅雨時期に備えて、雨樋の点検とメンテナンスを行うことは非常に重要です。以下のポイントを押さえて、万全の対策を講じましょう。

  • 定期的な清掃: 定期的に雨樋の清掃を行い、詰まりの原因となる落ち葉やゴミを取り除きましょう。特に梅雨前には、専門業者による清掃を依頼することをおすすめします。
  • 細かな点検: 雨樋の金具や接合部に緩みや外れがないかを確認しましょう。緩んでいる部分があれば、早急に修理を行います。
  • 破損箇所の修理: 雨樋にひび割れや破損が見つかった場合には、すぐに修理を行いましょう。破損を放置すると、さらに大きなトラブルに発展する可能性があります。

雨樋のトラブル解決は専門業者にお任せ

雨樋の点検や修理は、専門の業者に依頼することで確実に行うことができます。専門業者は豊富な経験と知識を持ち、迅速かつ的確な対応が可能です。雨樋の詰まりや破損が気になる場合は、早めに専門業者に相談することをおすすめします。

梅雨中の雨樋の点検や補修は雨どい救急隊へお任せください!

梅雨時期の重要性

梅雨の季節は、連日の雨で降水量が増えるため、雨樋の点検と補修が非常に重要です。通常の時期と比べて、梅雨時期には雨樋にかかる負担が大きくなります。雨樋が詰まったり、破損したりすると、雨水が正常に排水されず、建物全体に深刻な影響を与える可能性があります。このため、雨樋の点検と補修を早めに行うことが大切です。

雨樋の詰まりやオーバーフロー

梅雨時期には、雨樋の詰まりやオーバーフローが発生しやすくなります。落ち葉やゴミが雨樋に詰まると、雨水がスムーズに流れず、溢れ出してしまいます。これにより、屋根や外壁に直接雨水が当たり、塗装の剥がれや、建物内部への浸水が発生するリスクがあります。また、オーバーフローによる水漏れが基礎部分に浸入すると、建物の基礎が弱くなり、最悪の場合には構造的な損傷を引き起こすこともあります。

雨樋の破損

雨樋が破損している場合、通常の雨よりも梅雨時期の大量の雨水により問題が顕著になります。雨樋の金具が緩んでいたり、ひび割れが発生していると、雨水が漏れ出し、建物にダメージを与えます。また、破損した雨樋は、風による揺れやさらなる劣化を引き起こしやすく、迅速な修理が必要です。

雨どい救急隊のサービス

雨どい救急隊では、梅雨時期の雨樋の点検や補修を専門的に行っています。経験豊富なスタッフが、迅速かつ丁寧に雨樋の状態を確認し、必要な修理や補修を行います。

  • 定期的な点検: 梅雨前には定期的な点検を行い、雨樋の状態を確認します。詰まりや破損が見つかった場合には、早急に対処します。
  • 高圧洗浄: 雨樋に溜まった泥やゴミを高圧洗浄で徹底的に清掃し、詰まりを解消します。
  • 補修作業: 雨樋のひび割れや破損部分を修理し、再度正常に機能するようにします。必要に応じて金具の交換や、雨樋の再設置も行います。

安心のサポート

雨どい救急隊では、お客様の安心を第一に考えています。点検や補修作業の前に、詳細な説明と見積もりを提供し、納得の上で作業を進めます。また、作業後もアフターサポートを行い、万全の体制でお客様の雨樋のメンテナンスをサポートします。

梅雨時期には、雨樋の点検や補修が欠かせません。雨どい救急隊にご相談いただければ、迅速かつ確実に雨樋の問題を解決し、建物を守るお手伝いをいたします。梅雨の季節を安心して過ごすためにも、ぜひ雨どい救急隊にお任せください。お問い合わせはいつでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

雨どいのトラブルで
お悩みはございませんか?

雨どいは日々太陽光や雨風に晒され劣化が早い箇所です。
また台風や強風、自然災害の影響を受け破損しやすくもあります。

雨どいは目立たない部品ですがご自宅の屋根の大切な役割を担い、特に台風などの自然災害時には最も重要です。
割れたりヒビが入ったり修理を行う必要がある際は、なるべく早く修理することを強くお勧めします。

雨どいは早期修理しないと
被害が拡大してしまいます!

雨水が外壁に当たり壁を伝って下へ流れるため、大切なご自宅の劣化を早めてしまうほか、外壁から雨水が浸水し、自宅内部にカビを発生させるなど不利益ばかりです。
さらに、金具が外れてしまっていると強風や台風の際に雨どいが風で飛ばされたり、運悪く通行人がいると怪我をさせてしまう危険性も十分に考えられます。

このような状態を放置すると大変危険ですので専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

雨どい関する修理内容

  • 経年劣化で傷んだ雨どいの修理
  • 雨どいの勾配を調整し雨水を正常に流す
  • 雨どい支持金具の調査と修理
  • 雨どいの台風や強風や雪の重みでの破損修理
  • 集水器、軒どいや縦どい、雨どいの継ぎ手の破損修理

このような状態を放置すると大変危険ですので
専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

-PLAN-
料金

お得情報

台風などの被害で雨どいが破損し修理が必要な場合は火災保険が適用されますのでお客様の出費なしで修理可能です

雨どい交換工事の流れ

古くなってしまった雨どいの撤去

雨どいの撤去を行います。
壊れてしまった雨どいを外す作業をしますが、雨どいは屋根の端にあり、一軒家のご自宅が2階建ての場合は
足場の設置が必須になります。
破損や変形してしまった雨どいは屋根からの雨水を適切に処理できません。
流れ込んできた雨水を排水できない不具合がある雨どいを撤去していきます。

古い軒どい金具の撤去

今まで使用していた支持金具の撤去と設置作業
雨どいを固定している金具も錆がしてボロボロになり変形してしまいます。
金具の鉄の強度が著しく低下しています。
古く錆びた金具だと雨どいの設置が困難なため、新しい雨どい金具へと交換します。
適切に水が流れるように勾配が必須ですので、正しく金具を設置します。

新しい雨どいの設置

新設する雨どいを金具にしっかりと取り付けます。
雨どいの取り付けが甘いとまたすぐに外れてしまうなど不具合が生じます。
雨どいだけが専門の業者以外に依頼すると、取り付けがきちんとできない業者もいますので
雨どい専門のプロに任せましょう。

雨どい交換工事完了

適切に水が流れるか確認し、問題ががなければ 作業終了となります。
実際に雨どいに水を流しきちんと流れるかをテストします。
きちんと正しい方向に排水することを確認し、雨どい交換が完了です。
場合によってはお客様に排水を確認していただくことも可能です。

-FLOW-
お申し込みの流れ

お問い合わせ
まずはお問い合わせフォームまたは電話・LINEにてご連絡ください。
ヒアリング
担当者よりご連絡させていただき、現状の確認やお客様の要望などをお伺いいたします。
ご提案・お見積り
現地にてご確認させていただき、適切なお見積もりと 作業をご案内させていただきます。
ここまでは完全に無料です!
ご相談、お問い合わせのみもOKですのでご気軽にご連絡くださいませ。

雨どい救急隊は年中無休24時間ご相談やお問い合わせを受け付けております。

雨どいのことならぜひ当社へお任せください!

福岡県全域対応可能!
雨どいのトラブル解決のために専門の卓越した技術スタッフがお伺いします。

福岡県福岡市中央区その他の対応地域一覧

福岡市中央区(フクオカシチュウオウク)
  • 赤坂アカサカ
  • 荒津アラツ
  • 荒戸アラト
  • 伊崎イザキ
  • 今泉イマイズミ
  • 今川イマガワ
  • 大手門オオテモン
  • 大濠オオホリ
  • 大濠公園オオホリコウエン
  • 大宮オオミヤ
  • 小笹オザサ
  • 清川キヨカワ
  • 草香江クサガエ
  • 黒門クロモン
  • 警固ケゴ
  • 御所ケ谷ゴショガダニ
  • 桜坂サクラザカ
  • 笹丘ササオカ
  • 山荘通サンソウドオリ
  • 地行ジギョウ
  • 地行浜ジギョウハマ
  • 浄水通ジョウスイドオリ
  • 城内ジョウナイ
  • 白金シロガネ
  • 大名ダイミョウ
  • 高砂タカサゴ
  • タニ
  • 輝国テルクニ
  • 天神テンジン
  • 唐人町トウジンマチ
  • 鳥飼トリカイ
  • 長浜ナガハマ
  • 那の川ナノカワ
  • 那の津ナノツ
  • 西公園ニシコウエン
  • 西中洲ニシナカス
  • 梅光園バイコウエン
  • 梅光園団地バイコウエンダンチ
  • 春吉ハルヨシ
  • 平尾ヒラオ
  • 平丘町ヒラオカマチ
  • 平尾浄水町ヒラオジョウスイマチ
  • 福浜フクハマ
  • 古小烏町フルコガラスマチ
  • 平和ヘイワ
  • 舞鶴マイヅル
  • ミナト
  • 南公園ミナミコウエン
  • 薬院ヤクイン
  • 薬院伊福町ヤクインイフクマチ
  • 六本松ロッポンマツ
  • 渡辺通ワタナベドオリ

関連記事

  1. 福岡県中間市垣生の雨どい調査

  2. 雨樋のつまりは放置しない

  3. 雨どい清掃 福岡県小郡市三国が丘

  4. 福岡市城南区片江雨どい修理

  5. 雨水マスの清掃 福岡県糸島市

  6. 古賀市美郷の雨どいの修理