梅雨時期には雨樋の点検が必要

雨どいのトラブルで
お悩みはございませんか?

雨どいは日々太陽光や雨風に晒され劣化が早い箇所です。
また台風や強風、自然災害の影響を受け破損しやすくもあります。

雨どいは目立たない部品ですがご自宅の屋根の大切な役割を担い、特に台風などの自然災害時には最も重要です。
割れたりヒビが入ったり修理を行う必要がある際は、なるべく早く修理することを強くお勧めします。

雨どいは早期修理しないと
被害が拡大してしまいます!

雨水が外壁に当たり壁を伝って下へ流れるため、大切なご自宅の劣化を早めてしまうほか、外壁から雨水が浸水し、自宅内部にカビを発生させるなど不利益ばかりです。
さらに、金具が外れてしまっていると強風や台風の際に雨どいが風で飛ばされたり、運悪く通行人がいると怪我をさせてしまう危険性も十分に考えられます。

このような状態を放置すると大変危険ですので専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

雨どい関する修理内容

  • 経年劣化で傷んだ雨どいの修理
  • 雨どいの勾配を調整し雨水を正常に流す
  • 雨どい支持金具の調査と修理
  • 雨どいの台風や強風や雪の重みでの破損修理
  • 集水器、軒どいや縦どい、雨どいの継ぎ手の破損修理

このような状態を放置すると大変危険ですので
専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

梅雨時期には雨樋の点検が必要

この時期は雨が頻繁に降り、湿度も高くなるため、建物や屋外設備の点検とメンテナンスが欠かせません。特に、雨樋の点検は梅雨時期において非常に重要です。ここでは、梅雨時期になると必要となる雨樋の点検について詳しくご紹介します。

梅雨時期は雨が多く降るため、雨樋は大量の雨水を排水する役割を果たします。しかし、雨樋は長期間の使用や悪天候の影響を受けることで、詰まりや破損のリスクが高まります。詰まった雨樋は雨水の流れを妨げ、建物の周囲に水浸しの状態を引き起こす恐れがあります。また、破損した雨樋は漏水や浸水を招き、壁や屋根の損傷を引き起こす可能性があります。

そこで、梅雨の到来前に雨樋の点検を行うことが重要です。点検では以下の項目に注意を払いましょう。

  1. 詰まりのチェック:雨樋内部に詰まり物がないかを確認します。葉やゴミ、鳥の巣などが詰まっていると、雨水の排水が妨げられます。詰まりが見つかった場合は、専門業者による清掃を依頼しましょう。
  2. 破損箇所の確認:雨樋の破損やひび割れ、変形などをチェックします。特に、接合部や取り付け箇所、曲がり部分などは注意が必要です。破損が見つかった場合は、早急に修理または交換を行う必要があります。
  3. 防錆処理の確認:雨樋は長期間の使用により錆びることがあります。錆が進行すると強度が低下し、漏水や破損の原因になります。防錆処理が必要な場合は、適切な塗装やコーティングの施工状態を点検しましょう。錆びや剥がれが見られた場合は、専門業者による修復作業を検討しましょう。
  4. 排水状態の確認:雨樋の排水が適切に行われているかを確認します。雨樋内に水たまりができていたり、水の流れが滞っている場合は、詰まりや傾斜の問題が考えられます。適切な排水が行われていない場合は、専門家による改修や再調整を依頼しましょう。
  5. 周辺の損傷チェック:雨樋の周辺にある壁や屋根、基礎部分などに損傷がないかを確認します。雨樋の問題が他の部分にも影響を及ぼしている場合があります。例えば、雨水の漏水による壁面の変色や剥がれ、地盤への浸水による基礎部分の沈下などが考えられます。異常が見つかった場合は、適切な修繕や補修を行う必要があります。

梅雨時期には、雨樋の点検を怠ると建物に損害を引き起こす恐れがあります。早期に問題を発見し、適切な対策を取ることで、建物の耐久性と美観を保つことができます。点検作業は高い専門知識と経験を要するため、信頼できる業者に依頼することが重要です。

梅雨時期は雨樋からの水漏れなどが発生しやすい

梅雨時期は、日本各地で降水量が増え、長時間の雨が続くことが多い季節です。この湿潤な環境下では、建物の外部部分にある雨樋にも様々な影響が及びます。そのため、雨樋からの水漏れや問題が発生しやすくなるのです。

梅雨時期に雨樋からの水漏れが発生する主な要因は、以下のようなものがあります。

  1. 雨樋の詰まり: 梅雨時期は風が強く、枝や落ち葉、ゴミなどが雨樋に詰まりやすくなります。詰まった雨樋は正常な水の流れを阻害し、水漏れや溢れを引き起こす可能性があります。
  2. 雨樋の老朽化: 長年使用された雨樋は、経年劣化によってひび割れや劣化が進みます。このような状態の雨樋は、水漏れや漏水の原因となる可能性が高くなります。
  3. 雨樋の破損: 強風や激しい雨が続く梅雨時期は、雨樋にとって負荷がかかる厳しい状況です。特に古くなった雨樋は、風圧や水の圧力に耐え切れずに破損する可能性があります。

これらの要因により、梅雨時期には雨樋からの水漏れやトラブルが発生しやすくなります。その結果、建物の壁や屋根に水がしみ込んだり、周辺地盤に浸水が起きたりする可能性があります。このような状況は建物の損傷や劣化を引き起こし、修理費用や時間を必要とすることになります。

そこで、梅雨時期には雨樋からの水漏れや問題を予防するため、定期的な点検と清掃が重要です。雨樋の詰まりを解消し、老朽化や破損した部分を早期に修理することで、水漏れやトラブルのリスクを低減することができます。

雨樋の清掃は雨どい救急隊にお任せください!

梅雨の到来とともに、雨樋からの水漏れやトラブルが気になる季節がやってきました。建物の外壁や屋内に水が浸入すると、大きな被害につながる可能性があります。そんな悩みを解決するために、雨どい救急隊がお客様のご要望に迅速かつ確実に対応いたします。プロの技術と経験を持つ専門スタッフが、梅雨時期の雨樋の清掃や修理において最高のサービスを提供いたします。

梅雨時期には雨樋の清掃や点検が欠かせません。風や雨の影響で雨樋が詰まりやすくなり、水漏れやトラブルが発生する可能性が高まります。しかし、雨樋の清掃や修理は一般の方にとっては難しい作業です。そこで、プロの技術と経験を持つ雨どい救急隊が登場します。

雨どい救急隊は、雨樋の清掃や点検、修理に特化した専門業者です。私たちのスタッフは、豊富な知識と経験を持ち、最新の設備と技術を駆使して作業に取り組んでいます。梅雨時期においても、迅速かつ丁寧な対応を心がけています。

当社のサービスは、以下の特徴を持っています。

  1. プロの点検と診断:梅雨時期には、雨樋の詰まりや破損だけでなく、劣化や老朽化も問題となります。雨どい救急隊では、専門知識を持つスタッフが的確な点検と診断を行い、問題の早期発見と対処を行います。
  2. 高品質な清掃とメンテナンス:雨どい救急隊では、専用の清掃機器や安全な作業手順を用いて、雨樋の詰まりを効果的に解消します
雨どい修理の詳細はこちら

こんな不具合を見つけたら当社にご相談ください。

雨どいが割れていてそこから雨水が流れ出ている
雨が降った際に雨どいの隙間から水が漏れてしまっている
金具がはずれしまい今にも雨どいが落下しそう

雨どいの修理は実際に調査をし確認しないとわからないですが、部分的な修理で直る場合もあります。
中には全て雨どいを交換したほうが良い場合もあります。
雨どいの金具が劣化していれば、新たに金具をつける場所の見極めも必要です。
雨どいを新しく交換するときは、水が流れるように傾斜をつける必要がありますので雨どいのプロに任せましょう。

雨どい交換工事の流れ

古くなってしまった雨どいの撤去

雨どいの撤去を行います。
壊れてしまった雨どいを外す作業をしますが、雨どいは屋根の端にあり、一軒家のご自宅が2階建ての場合は
足場の設置が必須になります。
破損や変形してしまった雨どいは屋根からの雨水を適切に処理できません。
流れ込んできた雨水を排水できない不具合がある雨どいを撤去していきます。

古い軒どい金具の撤去

今まで使用していた支持金具の撤去と設置作業
雨どいを固定している金具も錆がしてボロボロになり変形してしまいます。
金具の鉄の強度が著しく低下しています。
古く錆びた金具だと雨どいの設置が困難なため、新しい雨どい金具へと交換します。
適切に水が流れるように勾配が必須ですので、正しく金具を設置します。

新しい雨どいの設置

新設する雨どいを金具にしっかりと取り付けます。
雨どいの取り付けが甘いとまたすぐに外れてしまうなど不具合が生じます。
雨どいだけが専門の業者以外に依頼すると、取り付けがきちんとできない業者もいますので
雨どい専門のプロに任せましょう。

雨どい交換工事完了

適切に水が流れるか確認し、問題ががなければ 作業終了となります。
実際に雨どいに水を流しきちんと流れるかをテストします。
きちんと正しい方向に排水することを確認し、雨どい交換が完了です。
場合によってはお客様に排水を確認していただくことも可能です。

雨どい修理安い_雨どい清掃_雨どい調査

雨どい救急隊は年中無休24時間ご相談やお問い合わせを受け付けております。

雨どいのことならぜひ当社へお任せください!

関連記事

  1. 古い雨樋は劣化で破損しやすい

  2. 福岡県糸島市池田の高圧洗浄雨どい掃除

  3. 雨樋の部品とその役割

  4. 雨樋修理 雨樋清掃

    雨樋を清掃して万全の状態に

  5. 雨樋の歪みから繋がる被害

  6. 福岡県行橋市の雨どい清掃