大雨が続くと雨樋のトラブルが増える

雨どいのトラブルで
お悩みはございませんか?

雨どいは日々太陽光や雨風に晒され劣化が早い箇所です。
また台風や強風、自然災害の影響を受け破損しやすくもあります。

雨どいは目立たない部品ですがご自宅の屋根の大切な役割を担い、特に台風などの自然災害時には最も重要です。
割れたりヒビが入ったり修理を行う必要がある際は、なるべく早く修理することを強くお勧めします。

雨どいは早期修理しないと
被害が拡大してしまいます!

雨水が外壁に当たり壁を伝って下へ流れるため、大切なご自宅の劣化を早めてしまうほか、外壁から雨水が浸水し、自宅内部にカビを発生させるなど不利益ばかりです。
さらに、金具が外れてしまっていると強風や台風の際に雨どいが風で飛ばされたり、運悪く通行人がいると怪我をさせてしまう危険性も十分に考えられます。

このような状態を放置すると大変危険ですので専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

雨どい関する修理内容

  • 経年劣化で傷んだ雨どいの修理
  • 雨どいの勾配を調整し雨水を正常に流す
  • 雨どい支持金具の調査と修理
  • 雨どいの台風や強風や雪の重みでの破損修理
  • 集水器、軒どいや縦どい、雨どいの継ぎ手の破損修理

このような状態を放置すると大変危険ですので
専門の業者に依頼しすぐに修理しましょう。

福岡市は梅雨の大雨が続いています

梅雨の季節は日本各地で大雨が続きます。この大雨の影響により、雨樋に関するトラブルが増えることがあります。以下では、梅雨の大雨が雨樋に与える影響と、それに伴うトラブルの増加について詳しく説明します。

  1. 雨水の集中と負荷増加: 梅雨の時期には集中豪雨や長時間の降雨がよく見られます。これにより、建物の屋根から大量の雨水が集まり、雨樋を通じて排水される必要があります。しかし、大量の雨水が短時間で降り注ぐ場合、雨樋は急激な負荷増加に直面することになります。雨樋がこの負荷に耐えられない場合、詰まりや破損が発生する可能性があります。
  2. 雨樋への流木やゴミの流入: 大雨による洪水や土砂崩れなどは、流木やゴミの流入を引き起こすことがあります。このような物質が雨樋に流れ込むと、詰まりや排水の妨げになるだけでなく、雨樋の破損や機能の低下を引き起こす可能性があります。特に山間部や河川沿いなど、流木やゴミの流入が多い地域では注意が必要です。
  3. 土砂の流入と詰まり: 豪雨による土砂崩れや地盤の崩壊などが発生すると、その土砂が雨樋に詰まる可能性があります。詰まりが発生すると、雨樋の流路が塞がれ、雨水の排水が妨げられることがあります。これにより、雨樋が逆流したり、水が建物に浸入したりするリスクが高まります。
  4. 強風による破損: 梅雨の時期には台風や低気圧による強風が吹くことがあります。強風は建物周辺の樹木や物体を揺さぶり、それらが雨樋に当たったり引っかかったりすることがあります。このような衝撃や引っかかりによって雨樋が破損する可能性があります。強風による雨樋の破損は、大雨時に排水がさらに妨げられることにつながります。

以上が梅雨の大雨が雨樋に与える影響と、それに伴うトラブルの増加です。梅雨時期は雨樋のメンテナンスや点検が特に重要です。定期的な清掃や修理を行うことで、雨樋の機能を維持し、建物や周辺環境を適切に保護することができます。もし雨樋に問題がある場合は、早めに専門家に相談し、適切な対策を取ることをおすすめします。

大雨が与える雨樋への悪影響!

大雨は、雨樋にさまざまな悪影響をもたらす可能性があります。ここでは、大雨が雨樋に与える悪影響について詳しく見ていきましょう。

  1. 雨樋の詰まり: 大雨が続くと、落ち葉や枝、ゴミなどが雨樋に詰まりやすくなります。詰まりが発生すると、雨水の正常な排水が妨げられ、雨樋に水が溜まることがあります。これによって雨樋の破損や漏水のリスクが高まります。
  2. 雨樋の破損: 大雨による水の勢いや風の影響で、雨樋が破損する可能性があります。特に強風や集中豪雨が発生すると、雨樋に大きな圧力がかかり、曲がったり破れたりすることがあります。破損した雨樋は、正常な排水を妨げるだけでなく、建物や周辺環境に水の浸入や損害を引き起こす可能性があります。
  3. 地盤の浸食: 大雨が長時間続くと、雨樋からの水が建物周辺の地面に大量に流れ込むことがあります。この水の浸入によって、地盤が浸食される可能性があります。地盤の浸食は建物の基礎にダメージを与え、建物の安定性に影響を及ぼす可能性があります。
  4. 建物への浸水: 大雨によって雨樋が詰まりや破損し、雨水が建物内部に侵入することがあります。浸水によって、壁や天井にシミやカビが発生し、建物の内部構造にダメージを与える可能性があります。また、浸水によって電気設備にも影響が及ぶことがあります。

これらの悪影響を最小限に抑えるためには、大雨の前や大雨が予想される時に雨樋の点検とメンテナンスを行うことが重要です。詰まりや破損を早期に発見し修理することで、雨樋のパフォーマンスを維持し、建物と周辺環境を保護することができます。

雨樋の点検と修理は、専門知識と適切な道具が必要な作業です。

雨樋のトラブルが悪化する前に雨どい点検・清掃を!

梅雨や雨季の到来は、雨樋にとって厳しい時期です。雨どいは雨水を適切に排水するための重要な役割を果たしていますが、長期間の雨や風で詰まりや破損が発生する可能性があります。そこで、雨樋のトラブルを未然に防ぐために、定期的な点検と掃除が必要です。

雨樋の詰まりは、落ち葉や枝、苔、ゴミ、塵などの堆積物が原因となります。これらの詰まりは、雨水の流れを妨げ、水のバックアップや漏水の原因となる可能性があります。また、長時間の雨が続くと、雨樋に溜まった水が増え、より深刻なトラブルを引き起こすことがあります。

雨どいの点検と掃除は、梅雨の前や雨が降り始める前に行うことが重要です。以下に、なぜ点検と掃除が必要なのかを詳しく説明します。

  1. ランニングメンテナンス: 雨樋の点検と掃除を定期的に行うことで、詰まりや破損の早期発見が可能です。定期的なメンテナンスにより、雨樋のパフォーマンスを最適な状態に保つことができます。
  2. 雨水のスムーズな排水: 雨樋の詰まりがない状態であれば、雨水はスムーズに排水されます。詰まりがあると、雨水が建物周辺に浸透したり、建物内部に侵入したりするリスクがあります。点検と掃除によって、雨水の効率的な排水を確保できます。
  3. 建物の保護: 雨樋のトラブルが放置されると、建物に様々な被害をもたらす可能性があります。雨水が建物の外壁に浸透すると、カビや腐敗の原因となる可能性があります。また、雨水が建物の基礎に浸透すると、地盤の浸食や建物の沈下のリスクがあります。定期的な点検と掃除によって、建物を保護し、長期的な被害を防ぐことができます。
  4. 安全性の確保: 雨樋の詰まりによって水がバックアップし、建物周辺に水たまりができる可能性があります。これにより、滑りやすい地面や転倒のリスクが生じます。定期的な点検と掃除によって、安全な環境を確保することができます。

雨樋の点検と掃除は、安全かつ効果的に行うために専門知識と適切な道具が必要です。当社は、経験豊富な専門スタッフと適切な設備を備えており、雨樋の点検と掃除を高品質に行うことができます。

梅雨時期の雨樋のチェックや清掃は雨どい救急隊にお任せください!

梅雨時期になると、建物の雨樋はさまざまな問題が生じる可能性があります。例えば、落ち葉やゴミが詰まり、水の流れが滞ってしまうことがあります。これによって建物周辺に水漏れや浸水が発生し、建物の劣化や損傷の原因になります。さらに、強風や豪雨があると、雨樋が曲がったり破損したりする危険もあります。こうした問題を未然に防ぐためには、梅雨が本格化する前に雨樋のチェックと清掃を行う必要があります。

雨樋のチェックや清掃は専門的な知識と適切な道具が必要です。素人が手探りで行うと、逆に雨樋にダメージを与える可能性があります。そこで、信頼できるプロの雨どい救急隊に依頼することをおすすめします。雨どい救急隊の専門スタッフは豊富な経験と知識を持ち、最新の清掃機器や道具を駆使して作業を行います。彼らは雨樋の状態を的確に判断し、効果的な清掃方法を選択します。また、損傷箇所の修理や補修も行い、雨樋の寿命を延ばすサポートもしていたします。

雨どい救急隊に雨樋のチェックや清掃をお任せするメリットは多岐に渡ります。

雨どい修理の詳細はこちら

こんな不具合を見つけたら当社にご相談ください。

雨どいが割れていてそこから雨水が流れ出ている
雨が降った際に雨どいの隙間から水が漏れてしまっている
金具がはずれしまい今にも雨どいが落下しそう

雨どいの修理は実際に調査をし確認しないとわからないですが、部分的な修理で直る場合もあります。
中には全て雨どいを交換したほうが良い場合もあります。
雨どいの金具が劣化していれば、新たに金具をつける場所の見極めも必要です。
雨どいを新しく交換するときは、水が流れるように傾斜をつける必要がありますので雨どいのプロに任せましょう。

雨どい交換工事の流れ

古くなってしまった雨どいの撤去

雨どいの撤去を行います。
壊れてしまった雨どいを外す作業をしますが、雨どいは屋根の端にあり、一軒家のご自宅が2階建ての場合は
足場の設置が必須になります。
破損や変形してしまった雨どいは屋根からの雨水を適切に処理できません。
流れ込んできた雨水を排水できない不具合がある雨どいを撤去していきます。

古い軒どい金具の撤去

今まで使用していた支持金具の撤去と設置作業
雨どいを固定している金具も錆がしてボロボロになり変形してしまいます。
金具の鉄の強度が著しく低下しています。
古く錆びた金具だと雨どいの設置が困難なため、新しい雨どい金具へと交換します。
適切に水が流れるように勾配が必須ですので、正しく金具を設置します。

新しい雨どいの設置

新設する雨どいを金具にしっかりと取り付けます。
雨どいの取り付けが甘いとまたすぐに外れてしまうなど不具合が生じます。
雨どいだけが専門の業者以外に依頼すると、取り付けがきちんとできない業者もいますので
雨どい専門のプロに任せましょう。

雨どい交換工事完了

適切に水が流れるか確認し、問題ががなければ 作業終了となります。
実際に雨どいに水を流しきちんと流れるかをテストします。
きちんと正しい方向に排水することを確認し、雨どい交換が完了です。
場合によってはお客様に排水を確認していただくことも可能です。

雨どい修理安い_雨どい清掃_雨どい調査

雨どい救急隊は年中無休24時間ご相談やお問い合わせを受け付けております。

雨どいのことならぜひ当社へお任せください!

福岡県春日市のその他対応地域一覧

春日市
  • イズミ
  • 一の谷イチノタニ
  • 大谷オオタニ
  • 大土居オオドイ
  • 岡本オカモト
  • 春日カスガ
  • 春日公園カスガコウエン
  • 春日原北町カスガバルキタマチ
  • 春日原東町カスガバルヒガシマチ
  • 春日原南町カスガバルミナミマチ
  • 上白水カミシロウズ
  • 小倉コクラ
  • 小倉東コクラヒガシ
  • 桜ケ丘サクラガオカ
  • 下白水シモシロウズ
  • 下白水北シモシロウズキタ
  • 下白水南シモシロウズミナミ
  • 白水池シロウズイケ
  • 白水ケ丘シロウズガオカ
  • 須玖スグ
  • 須玖北スグキタ
  • 須玖南スグミナミ
  • 惣利ソウリ
  • 宝町タカラマチ
  • ちくし台チクシダイ
  • 千歳町チトセマチ
  • 塚原台ツカハラダイ
  • 天神山テンジンヤマ
  • 昇町ノボリマチ
  • 伯玄町ハクゲンチョウ
  • 原町ハラマチ
  • 光町ヒカリマチ
  • 日の出町ヒノデマチ
  • 平田台ヒラタダイ
  • 星見ヶ丘ホシミガオカ
  • 松ケ丘マツガオカ
  • 紅葉ケ丘西モミジガオカニシ
  • 紅葉ケ丘東モミジガオカヒガシ
  • 大和町ヤマトマチ
  • 弥生ヤヨイ
  • 若葉台西ワカバダイニシ
  • 若葉台東ワカバダイヒガシ

関連記事

  1. 雪が降った後は雨樋が詰まりやすい

  2. 福岡県大牟田市卸本町雨どい修理

  3. 雨樋の縦樋の破損

  4. 福岡県久留米市旭町の雨どい縦樋つまり

  5. 雨どい清掃 福岡県糸島市飯原

  6. 雨どい修理